支払い&送料FAQSHOP概要返品&交換特定商取引の表記カート&注文

ズワイガニの写真

ズワイガニNAVI

ズワイガニ情報コンテンツ

ヒトミン

おいしいズワイガニの見分け方

良質なズワイガニを選びましょう!

ズワイガニを見極めるコツは、身入りと鮮度です。身がしっかりつまったものが、よりおいしく食べられるます。その二つを見極めるコツをご紹介しましょう。

身のつまったものを選ぶ

ズワイガニは、身がつまったものほどおいしいのです。どのように見分けるかというと、まずは重さを確認しましょう。同じサイズのカニがあれば、それぞれ手にとってみて重い方を選んでください。極上のズワイガニは1kgを軽く超えます。はさみや脚が太いほど上等です。脚の部分を軽く押してみてください。身がつまっていないものは、ペコッとへこみます。このようなカニは選ばないのが賢明です。

また、純粋に甲羅の固いものを選ぶのも重要です。市場では脱皮して日の浅いカニを水ガニといって安い価格で取引されています。脱皮した直後のものは、エネルギーをかなり使うためか、身入りが悪いです。脱皮から1年以上たつと身がしっかり入ります。

実はこれを簡単に見分ける方法があります。甲羅や脚に黒い粒がついているものがありますよね。あれがあると甲羅が固く身がよく入っています。あの黒い粒はカニビルの卵ですが、カニビルは固くなった甲羅や脚にしか卵を産みつけません。安定した産卵場所を求めているのです。カニビルは魚には寄生しますが、カニには寄生しませんので安心してください。ポイントは黒い粒です。

鮮度が命

カニは傷むのが早く鮮度が重要です。近い漁場で漁が可能な間人ガニなどは特に珍重されます。鮮度はハラ側で確認します。ハラや脚の白い部分に透明感があるとよいものです。ここが黒ずんでいるものは避けた方がよいでしょう。

それから、冷凍したカニを購入した場合、一度解凍したらすぐに調理して食べてください。再度冷凍するのは厳禁です。水っぽくなり味もよくありませんし、菌が繁殖しやすくなってますので、衛生上も危険なのです。

間違いやすい紅ズワイガニ

ズワイガニの仲間に紅ズワイガニという種類のカニがいます。これがズワイガニと姿形がそっくりでよく間違われます。身は甘いのですが、水っぽく、ズワイガニに比べると味はかなり落ちます。見分け方は色です。普通のズワイガニは、活きているとき茶褐色です。ゆでではじめて、鮮やかな紅色に変わります。しかし紅ズワイガニはゆがかずとも、その名のとおりきれいな紅色なのです。お値段はかなり安いので、安いズワイガニが売られていたら、紅ズワイガニの可能性があります。気をつけましょうね。

フッター
このエントリーをはてなブックマークに追加
受賞