支払い&送料FAQSHOP概要返品&交換特定商取引の表記カート&注文

ズワイガニの写真

ズワイガニNAVI

ズワイガニ情報コンテンツ

ヒトミン

食べられるカニいろいろ

ズワイガニ以外にもおいしいカニはたくさんあります

ズワイガニ以外にも高級食材として親しまれているカニはたくさんあります。その中のいくつかをご紹介しましょう。

タラバガニ

ズワイガニと共に人気のカニがタラバガニです。でも実はタラバガニはヤドカリの仲間なのです。ちょっと驚きですね。外見上、脚が8本なのも特徴です(甲羅の中に小さい足が隠れているので、実際は10本)。ヤドカリの仲間と言っても、味はまさしくカニで、高級品として親しまれています。残念なことにカニみそはほとんどありません。主にオホーツク海で獲られ、小林多喜二に小説「蟹工船」はタラバガニ漁を行う船が舞台でした。

ケガニ

ズワイガニやタラバガニに比べると、足が短くずんぐりした印象です。みなさんが一般的に思い描くカニの姿形ではないでしょうか。体全体が細かな毛で覆われているのが特徴です。北海道が産地として有名です。身ももちろんおいしいですが、ちょっと足が短いのでズワイガニに比べると食べ応えがありません。しかし、カニみそはたっぷりつまっています。毛ガニのカニみそはカニの中でも最上級のおいしさです。

ワタリガニ

日本全国の近海で獲れるため古くから日本人にとってなじみの深い食材です。ガザミとも呼ばれます。秋が旬と言われています。活きたまま熱湯に入れると足を外してしまうので、殺してからゆでた方がいいでしょう。ワタリガニを使った味噌汁は絶品です。古くから漁師さんは浜辺にあがったワタリガニをばらして、味噌汁にいれて味わったそうです。

上海ガニ

高級食材とした名高い上海ガニ。正式名称はチュウゴクモクズガニといいます。淡水で生活しており、揚子江流域の広い範囲に生息しています。特に上海ガニの産地として有名なのは陽澄湖です。この湖で獲れたものは高値で取引されるため、産地の偽装が後を絶ちません。そのため、最近はレーザーで刻印をするなど偽装防止に取り組んでいます。旬は雌は10月、雄は11月です。この季節に中華料理を食べるなら、上海ガニは外せないでしょう。

フッター
このエントリーをはてなブックマークに追加
受賞