支払い&送料FAQSHOP概要返品&交換特定商取引の表記カート&注文

ズワイガニの写真

ズワイガニNAVI

ズワイガニ情報コンテンツ

ヒトミン

ズワイガニにはブランドがあります

ズワイガニの違いをご紹介

ズワイガニにはブランドがあります。水揚げされて地域により名前がことなるのです。どんなブランドがあるのかご紹介しましょう。

ズワイガニの大本命、松葉ガニ

島根、鳥取、兵庫、京都などで水揚げされたズワイガニを松葉ガニと呼びます。毎年11月6日が松葉ガニ漁の解禁日です。翌年の3月20日まで漁をすることができます。雌ガニについては規制が厳しく、11月6日~1月10日までしか漁ができません。松葉ガニの身はしっかりつまっていて、甘みが強いのが特徴です。もっとも名の知れたブランドが松葉ガニでしょう。

皇室にも献上、越前ガニ

福井、石川あたりで水揚げされたズワイガニは越前ガニと呼ばれます。漁ができる期間は松葉ガニと同じです。越前ガニは1922年(大正11年)から毎年天皇家等の皇室へ献上されています。現在は福井県坂井市三国町の鮮魚店4軒が持ち回りで調理をしているそうです。天皇陛下も召し上がっている極上の越前ガニ。ぜひ一度食べてみたいですね。

料理人が求める幻のカニ、間人ガニ

京都府丹後町の間人港で水揚げされるズワイガニを間人ガニと呼びます。間人ガニの収穫は他のズワイガニと少し異なります。間人港から2、3時間の近場に漁場があり、日帰りで漁を行います。そのため鮮度がよいのが特徴です。カニは鮮度が命ですからね。みなさんカニはとどいたその日に食べましょう。

そして、10隻に満たない数の小さな船で昔ながらの漁をしています。収穫量も他のズワイガニに比べ、格段に少ないのです。まさに間人ガニは幻のカニなのです。

お財布にやさしい、水ガニ

水ガニはブランドではありませんが、みなさんが食べる機会も多いと思いますのでご紹介しましょう。脱皮して間もないズワイガニのことをこのように呼びます。ズワイガニの甲羅は脱皮して一年余りかけて固くなります。水ガニの甲羅はまだやわらかく、身入りがよくありません。みなさんの好きなカニみそも少ないのです。しかし、そのため上記のブランドガニに比べるとかなり安価に購入することができます。いかに身入り悪いといってもカニの王様、ズワイガニです。おいしくいただけます。水ガニは庶民の味方です。

外子と内子が味わえる、セコガニ

セコガニもブランド名ではありません。ズワイガニの雌をこう呼びます。地域によって、コッペガニ、コウバコガニなどとも呼ばれます。セコガニは雄のズワイガニと比べるとかなり小さく、これが同じ種類のカニなのか、と疑いたくなるほどです。通常、ズワイガニの漁は、11月6日~3月20日までですが、セコガニは資源保護の観点から11月6日~1月10日までの2ヶ月ほどしか漁をすることができません。

身はたしかに雄ガニの方がおいしいのですが、セコガニの良さはなんといっても、外子と内子でしょう。外子はお腹に抱えている卵で、内子は甲羅の中にある卵巣になります。たいへん美味で、通の方はこのためだけにセコガニを求めます。

フッター
このエントリーをはてなブックマークに追加
受賞